「人生のステージが変わった」

暖かい気候が続き、春を感じる日々。学生の頃からお世話になり、多くのことを学ばせていただいる村田先生。変化のあった一年を迎えて、何を考え、感じられているのか。お話を伺いました。

「見たことない景色を見る」

暖かい風に包まれて、今年も春が来た。新しい何かが始まる、始まりそうな予感がする…そんな季節に話を聞きました。

意思を持って、ただよう

気がつけば冬。今年の終わりが近づいてくる季節で。話をしっかりと聴くのは久しぶり。あたたかく、やさしい雰囲気の奥にあるイマココを伺いました。

「やりたいことが多いんです」

すっかり冬めいてきたこの時季。
会うのは久しぶり。いつも様々な場所で、様々な活動に熱中しているセルカ。イマココで考えていることを聞きました。

「ニーズを信じられるような場所があること」

気がつくと11月。
今年も終盤にさしかかっている。
「回復期。ほぼ戻ったと考えながらやりたいね…ここからは。」
そう話す、すぎやん。イマココの感じていること、考えていることは何なのか…話を聞きました。

「人前で話すこと」

気がつくと始まっていて、気がつくともう終わりそう…そんな今年の夏に。しっかり話をするのは、大学を卒業して以来かもしれない。仕事で、今までの人生で、何を感じて、どこに向かうのか、話を聞きました。

「他者を信頼する、任せる」

6月、7月・・今年も雨が多くなる時季がやってきました。ゆっくりと話を聴くのは約1年ぶり。1年前も、その前からも、ずっと教育にまっすぐに想いを向けている池ちゃんが、今何を考えて、行動しているのか、聞きたくなって、会いに行きました。

「白でも黒でもなく、グレーぐらいな感じでいたい」

春と呼ぶにはまだ早い2月の下旬。よく晴れた休日の昼間に。会うのは本当に久しぶり。こばゆが、社会人になってからは初めて。大学の頃から、悩み、考え、行動してきたように思えるこばゆが、社会人になって、何を考えているのか、知りたくなって、会いに行きました。

「楽しく自己表現できること」

夜の渋谷。普段からカオスな渋谷が、更にカオスさを増していく、そんな時間帯に。しっかり話を聞くのは、本当に久しぶり。大学の頃、様々に経験して、考えてきたであろう、にっしーが、社会人になった今、何を考えて、何をしているのか知りたくなって、会いに行きました。