「どんな環境でも楽しむ」

自分の今いる環境が「なんか違う」「しんどい」と思った時、そこで向き合い、やり遂げるのか、別の場所に行くのか。

「可能性が縛られていた」と自身の過去を振り返って語る、千川さん。
でも今は、「ワクワクしている・楽しい」と話します。

自分、そして他の人の「環境」に対する想い、そして、葛藤しながらも「環境」を楽しむことを忘れない、千川さんのイマココとは。


ワクワクしている 楽しい

楽しいと思える要素は3つあって、まず、仕事がめちゃくちゃ楽しいことです。

楽しいとか幸せだなってとか比較しなければ分からないと思うんですけれど、周りと比べると恵まれている環境かなって。数字や件数が追うのが好きで、自分の強みを活かせる仕事につけたなって思います。

2つ目はBOOXみたいな、同じ想いを持った人で集まれる場があること。SHOT(学生の頃活動していた、キャリア支援の団体)と近しいんですけれど、仕事と違って利害関係がないじゃないですか、そういう想いを共有できる関係で、社会人になってもこういう繋がりって大事だなって。

三つ目は、家族との仲みたいなのが、ちょっと良好になってきたこと。1ヶ月ちょっと住む場所も少し離れていて、良い距離感になっています。

前は縛られていた感があって、抜け出せない感じで、色々意見を言われることがストレスだったりしました。ただ、離れることによって、大事にできたというか、1週間に一度は帰ってご飯を食べて・・みたいな、逆に会いたくなっています。


転々としたアルバイトと、その中で出会った新聞営業

自分の強みを活かせる仕事につけた、という千川さん。ただ、学生の頃は、自分に合っていることが分からず、苦悩していたと言います。

学生の頃、メディアの運営、ライター、他にもテレアポとかのインターンをやっていたんですけれど、上手くいかなくて…あんまり考えるのが好きではなく、PDCAを回すのが苦手で、とにかく行動をしていくタイプなのかなと思うんです。

アルバイトも、カフェやオムライス屋さん、不動産の展示場、色々したけれど、全部向いてなかったです。全部、不器用みたいな。ものを覚えられなくて、要領よくできなくて・・

ただ、お客さん、特におじさんからは気に入られて、石鹸とか、株券みたいな商品券みたいなのをもらっていました(笑)

その中で、唯一楽しかったと思えるのは、新聞の営業の仕事でした。各家庭に訪問して新聞の営業をする仕事で、周りは男の子や30代や大学生とか年齢の高い人ばっかりだったんですけれど・・・楽しくて、向いていたのかなって。行動した分が成果として出るのが合っていたのかもしれません。


もう逃げたくない

アルバイトを転々としていた千川さん。逆に大学の時に所属していたサークルでは「逃げない」ことを貫いていました。

1年の冬からテニスサークルの渉外みたいなのをしていました。他の大学と一緒に大会を開くみたいなのをしていたりしたんですけれど、めちゃくちゃブラックでした(笑)

年5回大会があって、他にも、会員のテニス技術の向上のための講習会を年12回やっていたりしていました。200万とかかかるんですよ。コート代高くて。それを、全部人力で人集めてエントリーしてもらって、年会費集めてペイするとかして・・

後は、大きい大会だと運営する人が必要で、ただ20人しかいないのに、一ヶ月半とかでメンバー回して・・・

半端ないですよね(笑)こんなに大変でも、給与はでないんですよ(笑)

やってしまったからには、やらなければいけない、みたいな使命感がありました。後、40年ぐらい続いている連盟で伝統みたいなのもあって。結果、2年ぐらいやっていました。

やっている時は、どんな理不尽なことでも頑張る、みたいな気持ちでした。一個上はみんなフェードアウトしていたけれど・・最終的に200万ぐらい赤字出て、ヤバい、みたいな・・・

ただ、運営同士で結束感が生まれて、「やらねば」みたいな感じで・・
引き継ぎ合宿というその業務からとき放たれる合宿が年末にあるのですけれど、「やっと終わった」という感じでみんなボロ泣きでした。今でも2ヶ月に一回ぐらい、その人たちと飲んだりしています。

辛くても逃げなかったのは、自分の中で、「環境に左右されない」「置かれた場所で頑張る」みたいなことを思っていたからかもしれません。

今まで、アルバイトは辞めすぎて、変えすぎて、逃げてきていました。結果、信頼とかも失ったりもして、だから、もう逃げない、という気持ちでいたんだと思います。

テニスサークルの仲間たちと

自分が欲しかった第3の場所を作りたい

上手くいかず転々としていたアルバイト。対照的に、逃げずに頑張ったテニスサークル 。好きや楽しさを感じた新聞の営業。様々な経験を経た、千川さんの根底にある想いは何なのでしょうか。

自分自身も「これやってみたいな」とか割と好奇心が強いなと思って、それが実現できる自分でいたいなって。

イライラしちゃうことがあったり、昔の自分とかみたいに、どうせこうだからとか思って、自分で殻に閉じこもって、やりたいのにやらないことってあると思うんです。そういう人をなくしていけると良いなと思って。

だからこそ、まずは自分が楽しまなくてはなと思っています。今までこうだったけれども、こうしたよとか、伝えることでひとりでも多くの人が自分でこんなことしてみたい。他責にしないで自分自身がやりたいことを成し遂げていくようなことを続けられる人でいたいなと思っています。

自分自身、親によって結構狭められている感があって。
カタリバをやっていて思ったのは親に包丁を向けられた子がいたりとか、、逃げられないじゃないですか。学校と家しかなくて、友達にも言えなくて、すごい衝撃的というか、救ってあげたいというか、でも思いようによって変えられるかもしれないなと。

サードプレイスというか、本屋もそうですけれど、子どもとか来られる場を作りたい。自分が子どもだったらそういう場が欲しかった。子どもの頃が辛いけれど、今が辛くないのは、きっと第三の場、家族以外の場があるからなんだと思うんです。

だから今幸せなんじゃないかなって思って。そういう場がないと幸せじゃない人がいるのであれば、そういう場を作りたいなって思っています。

千川さんが社外で仲間と取り組んでいる図書館を作るプロジェクト「BOOX」。第1回目のイベントの様子。

ジレンマや矛盾を抱えながら、進む

普段は、新卒学生の人材紹介の仕事をしている千川さん。教員養成大学に在籍をしていて、必然と教育に触れる機会があった。教育に向き合った大学時代と今の想い、仕事への繋がりとは。

大学の頃、子どもの虐待みたいなのを防止するゼミに入ったり、母子家庭の教育に興味を持って勉強していました。ただ、どんな教育がしたいのかが分からなくて、学童のバイトしたり、Foraやカタリバに行ったりする中で、一対多ではなく、一対一の方が良いのかなって思いました。

周りが教員志望なので、就活しなかったり、動き出しも遅かったので、自分で調べて色々動いていました。

ただ、教育とか、子どもに対してこれだけ価値貢献したかとか、これでどうなったのかが分からないなと思ってしまいました。ゴールが欲しいのかもしれないです。ここまでやったら終わりだよ、とか・・・

教育実習とかも行ったのですが、自分のした教育で、どうなったのかが分からなかったり、よかったねと言われても嬉しくなかったり・・
ただ、仕事でNPSの10を取ると嬉しかったりするんですけれど(笑)。数値でないと信用できないのかもしれないです。

今話していて思ったのは、今の仕事をしていて、ジレンマや矛盾もあるのかなと。学生のやりたいことを叶えてあげたいと思う一方で、今の仕事はそれを潰す仕事でもあるんです。
やりたいだけだと受からない。そこには適性とかもあったりする。

自分の中で意味付けをしているのかもしれないです。やりたいことをやったところで活躍できないとか、諦めちゃっているというか、

それも、自分のモットーが「どんな環境でも楽しむ」だから、楽しんじゃっているのかもしれません。後は、もう逃げたくない、そんな想いから来ているのかもしれないです。


*話を聞いて

家庭環境、転々としたアルバイト、楽しかった新聞営業、やり抜いたテニスサークル、そして今の仕事の環境、とサードプレイス作り。

お話の中で、自分、そして、他の人への「環境」に対する想いが見え隠れしました。まずは、どんな環境でも自分が楽しむこと。暖かな笑顔の中に、芯の強さを感じました。


(最後に、千川さんのパーソナルな部分を少しだけ)

*千川さんが取り組んでいるプロジェクト

「BOOX」

「本と出会い、人と出会い、そして自分と出会う」をコンセプトに、様々な本や人と出会って、話せる、サードプレイスとしての図書館の設立を目指しています。

様々な業界・業種の社会人や大学生で活動中。
現在、イベント参加者、関わって頂けるメンバー募集中です!

BOOX第一回イベント『図書館論争』参加者

・コンセプトページはこちら

・4/14(日)開催イベント『ブックマーケット』※参加者募集中!
イベントページはこちら


*千川さんの好きな場所


かもめブックス(神楽坂)

(https://www.facebook.com/
 ouraidou.kamomebooks/)

自分の本音と向き合うことが自信につながる

「自分の本音と向き合うこと」


言葉で書くと簡単な気がしますが、実際にそれを貫いて生きていくことは簡単ではないと、就職活動をしたり、実際に働いた経験がある方は、何となくでも、感じるかもしれません。


3月24日に開催予定の「大学を卒業しても、今熱中している『何か』からは卒業したくない!」の企画者の稲垣綾子さん(いなあや)。
苦しみながらも、自分と向き合い、行動をしていく、いなあやのイマココとは、そしてどういう想いで企画に至っているのでしょうか。

本音でできなかった就職活動

私は新卒の就活を自分と向き合いきれないまま終えてしまいました。

2017年の2月、私が大学3年生の終わりを迎えようとしていたときです。
この時期は、目前に迫る就活に焦りと不安を感じ、色んな社会人に相談をしていた時期です。

「真面目で温厚そうだから、大手のほうがいいよ」
「人材とかよりメーカーのほうが合ってるよ」
「競争社会だと蹴落とされちゃいそうだから、ベンチャーは向いてないよ」

これらは私が出会った就活アドバイザーの人たちに言われた言葉です。
彼らからそう思われたのは事実だし、特に彼らが悪意を持ってその言葉発してないのは重々承知です。

ですが焦っていた私は「彼らの言葉通りにしないと内定が取れないんだ」と信じ込んでしまい、就活を「自分が入れそうな会社」に絞ることにしました。

「やりたいこと」という自分のwillよりも、「できるであろうこと」というcanを優先しました。結果、内定が1つ出たときにそれを承諾し、就活を終わらせました。

本音を言うとその時は「もうこれ以上就活を続けたくない!」という想いが強かったです。しかし卒業と就職が近づくにつれ、不安が押し寄せてきました。

「本当にこのままでいいんだっけ?」
「自分の本当の気持ちに嘘をついてない?」

心の片隅でそう思いつつも、卒業間際の予定はパンパン。卒業旅行や友達との遊びを全力で楽しみ、最後の学生生活を終えました。


ーー結果、私は新卒で入社した会社を2か月で辞めることになりました。

入社した後、「やっぱり私のやりたいことに正直になれていない!」と思い、思い切って決断しました。

キャリア教育団体で出会った「自分が本当にやりたいこと」

思い切って決断をした、いなあや。いなあやの「本当にやりたいこと」とは何で、その”原体験”とは何だったのでしょうか。それは大学時代に遡ります。


話が大学時代に戻りますが、私は就職活動を終えた大学4年の夏に、サードクラスというキャリア教育団体のメンターという活動に参画しました。

そこでは、3カ月のプログラムを通して受講生が自分自身と本気で向き合い、卒業時には「夢プレゼン」という形で、ひとりひとりがホールの舞台に立って、自分の夢を8分間でプレゼンテーションします。

夢プレゼンの様子。帽子を被っているのは演出です(笑)

メンターは1人1人と何回も面談したり、話し合いの場を設けながら、受講生が夢プレゼンを作り上げるためのサポートをします。

夢を語るために、自分と向き合うのは避けられません。自分の嫌いな側面を見つめなければいけません。

私が担当した受講生の中にも、「自分の嫌な面ばかり見えてしまうから夢プレゼンをやりたくない。」と言う子が何人もいました。

しかし最初はそう言っていた受講生たちも、受講生同士で話し合ったり、私と話し合う中で、夢プレゼンに対して前向きになっていきました。

本当の自分をさらけ出していいんだ
かっこ悪いと思っていた自分も、受け入れてもらえるんだ

そう思えたことで、彼らは変化していったんだと思います。

そして、夢プレゼン当日。

舞台には、自信を持って自分の夢・やりたいことを語る彼らの姿がありました。
その姿を見て私は、かっこ悪いことに、ワンワンと泣いてしまいました。
堂々とした彼らの姿は、ほかでもない私に自信を与えてくれました。

サードクラスのメンバー

長くなってしまいましたが、私は入社して数日で、この時の経験がフラッシュバックしてきました。

自分に自信を持てない人に、自信を与えたい
悩んでいる人に寄り添っていきたい

社会人になって、就職先とのミスマッチを感じたときに、これが自分のやりたいことだと痛感したのです。

そこからスイッチが入った私は、入社して3日で転職活動を始めました(笑)

そして、自分のビジョンにマッチしそうな会社から内定をもらったため、そこに2週間のスピード入社を決めました。5月末に退職し、6月にはその会社で働き始めました。

2社目で感じた理想と現実

ビジョンにマッチする会社を見つけて実際に働き始めた、いなあや。
しかし、最高にも見えたその環境で、そこに理想と現実を感じたと言います。


2社目は、塾を運営する教育ベンチャー企業でした。

社長やほかの社員さんがとても教育に熱い方々で、転職活動中の私にはとても魅力的に映りました。

私がキャリア教育団体での経験や、そこから考えた「自信を持てない人に、自信を与えたい」というビジョンを語ると、とても共感してくださって、私は「ここでなら私らしく働ける!」と確信をもちました。

しかし、私はこの会社で「働くということの現実」を知ります。

1つは「働き方」の点です。ベンチャー企業なこともあり、私にとってかなり働き方が過酷でした。最初は気合で乗り越えられたものの、1月半が経過したあたりから段々と辛さを感じるようになりました。

もう1つは「利益を上げなければいけない」というビジネスとしての当たり前に向き合うことでした。勤務時間の中の大半を営業活動に充てなければいけないことが、自分にとって正直辛かったのです。

考え方が甘かったのかもしれませんが、私は塾の中で生徒の進路相談や悩み相談にもっと時間を宛てたかったのに、ビラ配りや新規生徒との面談に時間を費やさなければいけないことに、私は強い違和感を感じました。

やりたいことができない」「働くのが辛い

そんな気持ちが自分を支配して、ショックで体調を崩し、私は2社目も2カ月半で辞めてしまいました。


自分と向き合った引きこもり・フリーター期間

2社目を辞めた後、いなあやは、悩んだ末に、「とある期間」を取ることにします。その期間が、いなあやに、大切なことに気づかせてくれたと言います。

2社目を辞めたあと、私は引きこもりになりました。

勇気をもって転職という決断をしたのに、何も成果を出せないまま辞めてしまった…そんな恥ずかしさから、外に出ることを極力拒むようになりました。

友人とも恥ずかしくて連絡が取れない、話すのは家族と彼氏のみ。
今の自分が無力で、どうしようもなくて、生きていても意味がないんじゃないかと思えました。

そんな期間を1か月ほど経て、私は自分に「自分と向き合う期間」が必要だと思いました。

時間に縛られない状態で仕事をして、空いている時間は人と会ったり、内省をしながら「自分がどうしたいのか」を考えよう。

そう思った私は、面接をして合格した塾とIT企業で既卒インターンとして働くことを決めました。

私はこの期間で、家族や彼氏をはじめとした近しい人ととにかく対話をしたり、ずっとお世話になっていた先輩に相談をしたり、2つの会社で働きながら感じたことを自分なりに深堀したりと、とにかく「自分は本当はどのように生きていきたいんだろう?」と考えました。

そして半年ほどのフリーター期間を経て、納得できる自分の軸を見つけ出しました。

1つ目は1度目の転職の時も考えていた
自分に自信を持てない人に、自信を与えたい」              


2つ目は塾で講師としてアルバイトをして感じた
人の成長を間近で見ていきたい

3つ目は「家族や大切な人との時間を確保できる環境で働きたい

4つ目は「1対1でのコミュニケーションを仕事にしたい

これらの軸を大切にしながら働けるな、と考えたアルバイト先の塾で塾講師として社員入社することを決めました。

長くなりましたが、私は社会人1年目の2018年度を、本当に悩みまくって過ごしてきました。家族にも大切な人にも心配をかけたし、早期退職した会社にも大きな迷惑を掛けました。

でも、自分と向き合ってきたこの1年があったからこそ、「塾講師として働く」という決断に納得しています。


卒業間際だからこそ、自分を見つめなおして自信をつけよう。

紆余曲折を経て、イマココの場にいる、いなあや。そのいなあやが、この企画をどう捉えているのか、そしてこれから社会に羽ばたく方に伝えたいこととは。


振り返ってみると、私は新卒の入社前と1度目の転職前に、大事なことが抜け落ちていたなと思います。

新卒の入社前は、「自分が本当にやりたいことってなんだっけ?」と考えること。私は就職前に、自分の決断を見直すことから目を背けていました。それが2か月のスピード退職に繋がりました。

転職の時は「どういうリスクがあるか?」を考えることです。
転職先はどんな働き方をするんだろう?ということを詳しく聞いたりすることをせずに入社を決めたことが、「理想と現実のギャップ」に苦しんだ原因の一つだと考えています。

今回のイベントでは、大学4年間の過去の振り返りから「自分が大事にしている価値観」を改めて明確にして、4月からの自分の未来を考えるワークをします。

去年の自分が受けていたら、未来は変わっていたかもしれないなと思うくらいの内容です(笑)

今回参加される学生の皆さんは、社会人生活が目前に迫った今、どんな気持ちで過ごしていますか?

納得した選択をしてワクワクしている方もいれば、そうでない方もいるかもしれません。この1年悩みに悩んだ私は、この時期に一度、自分にとって大事なものを見つめ直すことが、これからの社会人生活を豊かなものにすると心から思ってます。

だから、参加される方みなさんが納得して社会人生活を迎えられるよう、背中をそっと押せるようなイベントにしてみせます。

運営メンバーとコンテンツを全力で作成中です!


================================

*イベント詳細

日時:3/24(日)14時〜17時

場所:上北沢付近(参加される方に詳細の場所をお伝え致します)

参加費:500円

対象:2018年度、大学、大学院を卒業されるご予定の方

申し込み:下記のフォームに必要事項をご記載ください。
https://goo.gl/forms/a0p5tZ8pWGb7tzot2